牧野富太郎人物像 / 牧野富太郎研究所

植物学者・牧野富太郎に関する人物研究、および伝承を目的としています。

牧野富太郎人物像

牧野富太郎のプロフィール

牧野富太郎

1862(文久2年)年4月24日生。土佐国高岡郡佐川村出身(現在の高知県高岡郡佐川町)。号は結網。幼少期から植物に興味を抱き、植物学を独学。日本植物分類学の基礎を築く。満22歳で上京、東京大学理学部植物学教室で植物分類学研究を開始。1887年、「植物学雑誌」を創刊、新種ヤマトグサを記載発表(国内初)。全国の植物同好者への啓蒙活動展開。1940年、『牧野日本植物図鑑』を刊行(ロングセラー本)。蒐集植物標本50万点、新種1,500点命名。1957年1月18日没。理学博士。東京都名誉都民。文化勲章受章。

牧野富太郎は文久2年の生まれ、幼名は成太郎といった。家は岸屋という造り酒屋を営み、雑貨も扱っていた。その長男として生まれ一人っ子であった。牧野家は早世の家系で、誠太郎は体が弱く酒屋の後継が危ぶまれた。養子の父佐平は、誠太郎が4歳の時39歳で亡くなり、母久壽は7歳の時35歳で亡くなった。その後富太郎と改名し、祖母浪子に大切に育てられた。10歳頃最初に寺子屋に入り習字を習い、次に伊藤蘭林塾で習字、算術、四書五経の読み方、漢学を学んだ。制度が変わり塾は廃され、深尾家の藩校「名教館」となった。そこでは地理、天文、物理等の学問を学んだ。その後小学校が出来て入学し、博物図を学んだが、2年位通ったらあきて小学校は卒業していない。然るに小学校退学が富太郎の最終学歴である。その頃から牧野富太郎は、自然を相手に植物学を独学する。また、亡くなるまで酒と煙草はしなかった。明治13年に小野蘭山の『重訂本草綱目啓蒙』を手にする。これが植物学への旅発ちであった。明治23年に小澤壽衛と結婚する前に従妹の牧野猶と不本意な結婚をしていた。それは祖母浪子による政略結婚であった。明治14年に牧野は初めて上京し、東京見聞果たし帰郷するも、猶との間も曖昧のまま、酒屋の経営より植物の学問をとり再び上京する。

明治17年(23歳)富太郎は東京大学理学部植物学教室への出入りが許される。そして植物の研究にとことん投資し、酒屋の財産を使い果たす。明治20年祖母亡きあと、明治23年、29歳の時に、牧野は壽衛と結婚する。ここから結婚生活が始まると共に、植物の研究へ本格的にのめり込んで行く。だが、矢田部良吉教授より植物学教室の出入りを禁止され、ロシアのマキシモヴィッチの下へ亡命を計画するが、同氏死去により失敗に終わる。この時には既に壽衛との間に子供が一人いた。

明治24年家業破産の整理に郷里佐川に帰郷する。これまでの不倫な関係を解消すべく猶を説得した。その際仕えた番頭井上和之助に財産分与として岸屋と共に妻猶を差し出した。つまり猶と番頭を結婚させたのである。帰郷中にもう一人子供が生まれ二人になっていた。一年前に東京に残してきた最初の子供が亡くなった事を契機に、店の再建を猶と番頭へ助言し再び上京する。そして松村任三教授に迎えられ、明治26年、富太郎(32歳)は帝国大学理科大学助手を拝命し、給料は15円となった。同年三人目の子供が生まれている。以来、明治45年(51歳)に東京帝国大学理科大学講師となり、昭和14年(78歳)に勤続47年間勤めた東京帝国大学理学部講師を辞任する。この時の給料何と驚く事、75円(当時の国家公務員上級職の初任給に相当)であった。

牧野富太郎は、金銭に関して無頓着な上、欲しい物は手に入れなければ気がすまぬ性格であった。そして特に書物は牧野にとって友であり師でもあった。助手として勤めると、薄給に悩まされ貧困続き、出産、無計画な書物の買い入れ、借金取り立て、受難、研究発表、勤勉の中、家計を顧みず清貧に甘んじる。追い立てられて、年の暮れ引っ越しを繰り返すようになる。このような繰り返しの中、次から次へと新たな企画の著書を刊行し、資金不足に陥って行く。一方、日本全国への植物採集旅行を繰り返し、膨大な標本が集まる。遂には子供十三人が生まれ生活も困窮し悲鳴の声をあげる。植物標本30万点の売却騒動が大正5年(55歳)に起こる。それに同情し、救済者が現れ、時価3万円(大正5年の1,000円が93万円とすると、約2,800万円となる。おおよそ3,000万円相当)の借金を返済。その人こそ池長孟(後の南蛮美術収集家)であった。全てが清算され、標本も売らずに済んだ。この時が人生の節目となり、地獄に向かうか、それとも植物学大成への道が開けるかの分岐点であったのであろう。その後も生活が困窮し資金不足が起きると、誰か救済者現れるという人生を歩み繰り返す。そのため、最終的には命より大切な標本や蔵書も散逸する事なく没するまで手許にあった。その点恵まれた人生であったといえよう。

大正15年(65歳)で悲願のマイホームを建てる。昭和2年(66歳)に理学博士の学位を授けるも、翌年昭和3年に壽衛(享年55歳)が亡くなる。その後中々その死を受け止める事が出来ず、植物同好会を盛んに開催し、気を紛らわす。3、4年が経った頃、牧野家の家政婦と恋に落ちる。昭和7、8年頃に牧野富太郎自身から再婚の話を持ち出すが、家族に猛反対を受け実現しなかった。しかしながら96歳の生涯を閉じるまで、25年間の純愛は続き、それは生涯の秘め事となった。

「牧野富太郎博士疎開の地」記念碑、横森家庭園(蚕室跡)

「牧野富太郎博士疎開の地」記念碑
横森家庭園(蚕室跡)

日本全国への植物採集旅行は続き、昭和15年(79歳)に、『牧野日本植物図鑑』を刊行。ベストセラー本となる。更にその原色図鑑の刊行を生涯に亘り目差すが生前には完成せず。翌年昭和16年には満州国のサクラ調査の為に出国。同年、華道家、いけばな安達式挿花創流者の安達潮花より、植物標本の倉庫「牧野植物標品館」が寄贈され、大正5年に池長孟に預けた植物標本30万点が戻る。同年12月に大東亜戦争勃発する。

昭和20年(84歳)に山梨県北巨摩郡穂坂村(現在の韮崎市)に疎開するも、同年8月15日同地で終戦を迎える。その後も精力的に執筆活動を続ける。昭和24年(88歳)に大腸カタルで危篤になるが、奇跡的に回復する。ただ、これより病床に臥すことが多くなる。昭和25年に日本学士院会員となる。昭和26年(90歳)に第一回文化功労者として文化年金50万円を受ける。昭和28年には東京都名誉都民となる。そして昭和32年1月18日、96歳の生涯を閉じる。死後、文化勲章が追贈される。

ページトップ